menu
検索結果

【クラシックルート】立山縦走と剱岳【2泊3日】

催行日程
  • 2023年08月22日(火) ~ 08月24日(木)
    2泊3日
    満員
ガイド料金 44,000円
その他諸費用

ガイド料金はお客様1名の料金です。山行中のガイド費用(山小屋代金等)は参加者で人数割していただきます。
*登山口までのガイドの交通費はご請求いたしません。
*ガイドの車に乗合で移動した際はご同乗者で費用のご負担をお願いいたします。なお、車での事故は自動車保険補償範囲となります。

定員
5名
最小催行人数 3名
ガイドレシオ 1 : 5
カテゴリ 登山
体力
技術
行程

1日目:室堂…一ノ越山荘…雄山…大汝山…富士ノ折立…真砂岳…剱御前小舎【泊】
2日目:剱御前小舎…別山尾根…カニの縦ばい…劔岳…カニの横ばい…平蔵のコル…剣山荘もしくは剱沢小屋【泊】
3日目:剣山荘…剱御前小舎…室堂

このイベントについて

このイベントでは、立山縦走と、すべての登山者の憧れにして一般登山最難関のひとつに数えられる名峰・剱岳の登頂を目指します。立山は飛騨山脈北部、立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する名峰です。立山曼荼羅にも描かれている日本三霊山(富士山・白山・立山)のひとつで、単独の山ではなく、標高3,003 mの雄山(おやま)、標高3,015 mの大汝山(おおなんじやま)、標高2,999 mの富士ノ折立(ふじのおりたて)の3つの頂で構成されています。これに、標高2,831mの浄土山、標高2,880mの別山を加えて立山三山と呼びます。今回は一泊二日でここを縦走し剱御前小舎に宿泊、後半の剱岳登山に臨みます。剱岳は日本では数少ない氷河が現存する山で、一般登山者が登る山のうちでは危険度の最も高い山といわれる「岩と雪の殿堂」です。切り立った岩と深い谷筋と氷河を頂くその姿は、すべての登山者の憧れと言っても過言ではないでしょう。三日間で立山縦走と剱岳を制覇する充実企画に是非ご参加ください!

装備について
  • ザック1
  • 登山靴1
  • 防寒具1
  • ザックカバー1
  • スパッツ1
  • 雨具1
  • 帽子1
  • 手袋(予備含む)2
  • 靴下(予備含む)2
  • サングラス1
  • 地図1
  • 筆記用具1
  • コンパス1
  • 時計1
  • ヘッドランプ1
  • ストック(使用者)1
  • ヘルメット1
  • ハーネス1
  • スリング(120cm)2
  • カラビナ(安全環付)2
  • ツェルト(所有者)1
  • 水筒(500ml以上)1
  • 保温ポット1
  • 日焼け止め1
  • ロールペーパー1
  • 持病薬1
  • 緊急薬品1
  • マスク1
  • テーピングテープ1
  • 使い捨てカイロ1
  • 健康保険証1
  • 行動食3
  • 非常食1
  • ごみ袋1

詳しくはお問い合わせください。

重要事項