menu
検索結果

【三大岩稜】前穂北尾根【2泊3日】

イベントNO.2835
催行日程
  • A.
    2024年06月14日(金) ~ 06月16日(日)
    2泊3日
    定員
  • B.
    2024年09月03日(火) ~ 09月05日(木)
    2泊3日
担当予定ガイド
ガイド料金 68,000円
その他諸費用

現地までの交通費
宿泊代

ガイド料金はお客様1名の料金です。山行中のガイド費用(山小屋代金等)は参加者で人数割していただきます。
*登山口までのガイドの交通費はご請求いたしません。
*ガイドの車に乗合で移動した際はご同乗者で費用のご負担をお願いいたします。なお、車での事故は自動車保険補償範囲となります。

定員
2名
9月 残1名
最小催行人数 2名
ガイドレシオ 1 : 2
カテゴリ バリエーション
体力
技術
行程
集合
7:00
上高地
1日目
7:00
上高地
10:00
横尾
14:00
涸沢小屋【泊】夕食・朝弁付
(歩程約7時間)
2日目
5:00
涸沢
7:00
五•六のコル
…前穂北尾根…
11:00
前穂高岳
… 重太郎新道…
14:00
岳沢小屋 【泊】夕朝食付
(歩程約9時間)
3日目
8:00
岳沢小屋
…岳沢…
10:00
上高地
(歩程約2時間)
解散
10:00
上高地

都内から公共交通機関で移動は、朝発では間に合わないので、夜行便のさわやか信州号を利用するか、前泊していただきます。

このイベントについて

このコースは3大岩稜の1つとされ、前穂高につきあげるギザギザの尾根を登っていきます。長時間行動に耐えうる体力と、3級程度の岩登り技術が必要となります。登攀要素が高いですが、何よりもロケーションもすばらしく、穂高大満喫のコースです。登頂後岳沢に下り小屋泊まりするので実質3日間の行動となりますが、2日目は北尾根へ未明に出発します。5・6のコルまでのザレ場を詰め、立ちはだかる北尾根は、3峰からが面白く、登頂まで快適な岩稜が続きます。

装備について
  • ザック1
  • 登山靴1
  • 雨具1
  • 帽子1
  • 手袋(予備含む)1
  • 靴下(予備含む)1
  • 時計1
  • ヘッドランプ1
  • ストック(使用者)1
  • ヘルメット1
  • ハーネス1
  • スリング(120cm)1
  • スリング(60cm)2
  • カラビナ(安全環付)2
  • カラビナ2
  • ツェルト(所有者)1
  • 保温ポット1
  • 日焼け止め1
  • 持病薬1
  • マスク1
  • 健康保険証1
  • 行動食1
  • 非常食1
  • ごみ袋1
参加条件
  • ◯ 夏山3000m級の経験があり、一般登山道を標準コースタイム以下で行動できる方
    ◯ マルチピッチクライミングのシステムを理解している方
    ◯ 懸垂下降が確実に行える方
    *上記未経験の方は、ダンプリング【妙義山塊】等のイベントにご参加頂き、担当ガイドにご相談ください。
重要事項
  • 本イベント参加者には山岳保険への加入を義務付けています。あらかじめ、ご自身にて山岳保険にご加入のうえでお申し込みいただきますようお願いいたします。
  • 当ガイドプランを初めてお申し込みいただく方には、メール(または口頭)にて山行歴を確認させていただきます。
  • 山行開始後、技術、体力が著しく不足しているとガイドが判断した場合は、その時点で下山していただくことがあります。この場合、安全地帯にご案内した時点で山行を終了とします(ガイド料、講習費の返金はございません)。
  • 原則として雨天、雪天を含む少々の悪天候の場合でも催行します。ただし、天候、ルート、積雪の状況、その他不可抗力などにより、目的地、ルート、宿泊場所等が変更になる場合があります。また、現地では安全を第一に考え、ガイドが判断を行いますので、ガイド判断には必ず従っていただきます。
  • 中止連絡について
    悪天候等により山行開始前に中止にする場合は、山行開始日の前日午後8時の時点で気象予報その他等にて最終的に判断し、すみやかに山行中止の連絡をいたします。
イベントのお申し込みには会員登録が必要です。 新規会員登録
参加申し込み お問い合わせ