menu
レポート

妙義山系・金洞山(中之岳、東岳)ジャンダルム予備講習登山

妙義山系・金洞山(中之岳、東岳)ジャンダルム予備講習登山

2024年6月8日(日)、妙義山系のひとつである金洞山に登ってきました。今回の山行は、この夏に参加する西穂~奥穂縦走の予行演習が目的で、ガイドロープを装着して岩場の登り降りに慣れるための講習会です。ルートは、中之嶽神社から出発し表妙義山の金洞山(中之岳、東岳)を往復します。時間の余裕があれば鷹戻しまでを予定していましたが、鷹戻しの手前でルートをループしたことで二段ルンゼまでの往復となりました。帰路は天狗の評定で妙義の絶景を楽しみ、石門入口に下山しました。

【コースタイム】
9:30中之嶽神社…9:55見晴台…10:50中之岳…11:20東岳…11:50二段ルンゼ…14:30天狗のひょうてい…15:00第四石門…15:15石門入口下山
(歩程約6.5時間)

【担当ガイド】
・小暮洋一
・須永栄信

6月8日(日)、中之嶽神社駐車場に集合しました。最初にガイドから今日の山行の主旨を聞きます。今日は、ガイドロープを装着しての岩場の歩行を練習することが主な目的です。出発前に全員ハーネスを装着しました。

オリエンテーションのあと、中之嶽神社を通り金洞山の中之岳に向けて出発です。正面にそびえる岩峰群の中央部分が目指す金洞山です。

中之嶽神社前宮で参拝したあと、長い石段を上り本宮社殿のわきからスタートです。講習が目的ですので、スタートからガイドロープを装着しました。

2人一組になって、ガイドロープを装着します。ガイドを含め3人がそれぞれ間隔に注意しながら歩きます。

ガイドロープを装着しながらの岩登りをします。鎖はありますが、なるべく3点支持で登れるように心がけました。

ガイドロープを装着して、2人一組になって岩場を登ります。ロープにつながって同時に登るのでお互いに声を掛け合って登りました。

まず、一つ目のピークとなる中之岳の到着です。妙義山は金洞山、早雲岳、相馬岳、金鶏山など多くの岩峰の総称で、中之岳はその金洞山のさらにその中のピークのひとつです。

中之岳をあとにし、やせ尾根の稜線をガイドロープで歩きます。アップダウンを繰り返し、こぶ岩を通過。最後の岩場を登り詰めて11時半前に東岳に到着しました。

東岳をあとにし、やせ尾根を進むと、二段ルンゼが現れます。ここも、ガイドロープを装着したまま、2人一組で登りました。このあと鷹戻しに向かいましたが、ルートをループしてしまい、そのまま戻ることにし、二段ルンゼはロワーダウンで下降しました。

エスケープルート分岐から天狗の評定に登り、大砲岩やゆるぎ岩など妙義山の絶景を眺めながら休息しました。そして天狗の評定からの下山時に、ムンターヒッチよる懸垂下降を練習しました。

15時過ぎ、無事に石門登山口に到着して下山することが出来ました。今回はガイドロープ装着での歩行と岩場の登り降り、懸垂下降、ロワーダウンなど覚えることがたくさんありました。これを機会に、さらに経験を積んで、より安全な山行を続けていきたいと思います。

※事務局より
ダンプリングでは少人数でのグループ講習もお引き受けいたします。ご希望の講習がございましたらお気軽にご相談ください。